一軒家の模型

コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法

ダンボールで作った家

新たな生活

大阪府は近畿最大の都道府県で、随一の人口を抱えています。府内中心地である大阪市は新築マンションが人気を博している一方、郊外地域では新築物件1戸建てが手頃な価格で売買されています。どのような人生ライフを目的とするかによって検討することが大切です。

広く見せる工夫

木の枠組み

工務店選びも大事

「東京の土地」は地方に比べて数段高く、10倍以上の差が出る地域もある。そのため、東京で家を建てたいと考えていても断念する人が多いと言われている。しかし、狭いスペースをいかした狭小住宅なら、手の届かない東京で家を建てるのも夢ではない。最近は狭い土地を購入して、3階建てを建てる若者も増加している。トータル費用が地方で家を建てると同じくらいの額で抑えられたという例もたくさんある。そして土地が狭い分支払う税金が安く済むことも狭小住宅の利点で、何年、何十年と住むとかなりお得になる。また、狭くても広く見せる工夫をすることで居心地の良い空間が生まれるので、実績がありセンスの良い工務店を選ぶことも大切である。

デザインも大事

東京で狭小住宅を建てる際は、近隣との間隔も配慮しなくてはならない。少しでも広くするためにギリギリのラインで建てる人もいるが、後々トラブルになることもあるので注意が必要だ。室外機がある場合は、機械の調子を悪くさせないために塀との間隔も考慮しなくてはならない。また、防音機能を良くすることも狭小住宅を建てる上で忘れてはならないことだ。壁や窓、床などあらゆる部分を防音性に優れた資材を選ぶことで騒音予防になる。同時に室内の音で近隣に迷惑をかけることも防げる。そしてもうひとつ、忘れてならないのが外観と室内のデザインである。見た目で選んではならないと言われているが、長く住むために好みのデザインであることは大事である。

つみ木の家

地域環境が将来どうなる

家を建てる土地の周辺が将来どうなるのか推測ができるのが、用途地域になります。この種類によって将来お店などができるのか、推測することが可能になっています。藤沢で土地を購入するときは、この用途地域の確認をしてから購入するようにしてください。

間取り図

地元密着の工務店の良さ

岐阜で新築住宅を建てるのなら、まず土地探しが大事です。郊外の開発地で良い立地を見つけても、高い建物などが建つと環境が変化します。最終的に役所で開発計画を確かめる必要があります。最低でも坪50万の建築費は必要になります。コストを安く抑えたいのなら、地元で長く営業している工務店が適しています。