地元密着の工務店の良さ|コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法
つみ木の家

コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法

地元密着の工務店の良さ

間取り図

坪単価50万円の家造り

岐阜で新築の注文住宅を建てる時のポイントは、土地選びに時間をかけることです。良い立地かどうかは周辺環境によります。岐阜市郊外の開発エリアでは良い立地と思える場所でも、将来的に高い建物が建てば環境が変化します。良い立地を見つけたら、最終的に役所の開発計画などで確認することが大事です。土地の値段が決まると、新築住宅の値段が決まってきます。総予算が3000万円で土地代が1000万円なら、新築費用は2000万円になります。岐阜では最低でも坪単価50万円は考えておく必要があります。単純計算では40坪の新築住宅が建てられます。ただし家造りには引っ越し費用や家具の購入代金なども含まれるので、その分も含めて考えると35坪ぐらいの家を建てることができます。

地元材を使ってコスト削減

新築住宅を建てる時には建設会社の選び方も大切です。建築費を抑えて地域の風土に合わせた住宅を建てるのなら、岐阜の地元に根ざした工務店が適しています。地元密着型の工務店なら岐阜独特の気候風土を熟知しているので、それに合った快適な住宅を建てることができます。大手ハウスメーカーは全国展開しているので、宣伝広告費などが建築資金に上乗せされるので高めに設定されています。地元の工務店は全国展開の宣伝をする必要がないので、その分建築費も安くなります。また地元の材木を活用するので仕入れなども安くなり、その分コストも削減できるのです。注文住宅の場合は大工の技術に左右されるので、長年地元で営業を続けている工務店なら信頼も実績もあるので安心して任せることができます。