新たな生活|コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法
つみ木の家

コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法

新たな生活

ダンボールで作った家

マンションと戸建て

大阪は人口は880万人を擁する、近畿最大の都道府県です。とくに大阪市やその周辺地域には銀行や企業本社ビルが密集しています。昼間は府外かるの流入人口が多く、夜間は逆に流出人口のほうが多くなります。近年は安定資産とされる不動産購入が盛んであるため、地価・建物価格の高い大阪の新築物件が注目を集めています。大阪の新築物件は、とくにマンションが多いといえます。大阪中心部では、敷地面積は限りがあるため、高層マンションの建築が盛んなのです。また1棟あたりの部屋戸数がおよそ150戸前後が平均的です。一方で、1戸建ての場合は、郊外地域に新築されることがほとんどで、ベッドタウンから緑豊かな田園地域まで、幅広い立地条件が揃っています。

地域ごとの状況

府内中心地である大阪市の住居区画には、戦後復興で建設された古家屋が多く残されています。近年は建て替えなどによって新築物件が建ちつつありますが、住居歴の長い住人が多く、その年齢層も比較的高めです。また、建設の進む高層マンションにおいては、金銭的に余裕のある中年世代などのファミリー層が中心である一方、郊外地域では、とくに大阪南部は自然の残る田園地域であり、地価や建物価格も低めです。そのため敷地面積も広く、新築1戸建てがよく見られます。金銭的には発展途上な若年夫婦が多い傾向にあります。また京都府方面に拡がる沿線沿いにはベッドタウンが広がり、老若男女さまざまな所得世帯が入り混じって生活しています。大阪府は面積こそ小さいものの、職場や所得に応じて、新築物件の価格・立地を注意深く検討する必要があるといえるでしょう。