地域環境が将来どうなる|コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法
つみ木の家

コストを最低限に抑えられる狭小住宅の購入方法

地域環境が将来どうなる

つみ木の家

用途地域を確認して

藤沢の土地にどんな住宅が建てられるのかということを、都市計画法に基づいて地域ごとに定めたのが、用途地域です。藤沢の住宅の場合、基本的に工業専用地域であればある程度自由に建築が可能になっていますが、用途地域の意味はその土地がある藤沢地域に住宅が建てられるかどうかではなくて、その土地がある地域に将来どんな建物が建築される可能性があるか、ということにあります。用途地域の違いで宅地としての人気にも差があり、不動産の価格にも影響が出てきます。藤沢の用途地域を知ることで、現在は住宅ばかりだが将来は大型の商店が出店可能な地域であるとか、工場の建築が可能な地域であるといったことがわかってきます。藤沢の地域の特性や、将来像を知る手掛かりにもなります。

将来どうなるのか

家を建築する土地の用途地域を確認して家を建築することで、将来の家の周辺環境がどうなっていくのか、推測することが可能です。駅までの距離や買い物の便利さ、学校の校区なども家を建築するときに気になる部分ですが、今は立っていなくても将来的にどんな建物が周辺に建築されていくのかを知るのも、家づくりには欠かせないことです。第一種低層住居専用地域がある土地は、静かな住環境を作ることを目的とした地域ですから、50平方メートル以上の店舗を作ることはできません。この地域にはいつまでたってもコンビニなどは、建築されません。第2種住居地域は将来商店やカラオケ店ができることもあるかもしれません。このように用途地域は、その土地の環境整備や利便性にも大きく影響してきますので、家を建築するときにはしっかりと確認したいものです。